二重まぶたに憧れてはいても、美容整形外科手術で二重まぶたを作ることには抵抗がある方には、アイプチをお勧めします。アイプチは二重まぶたを作る化粧品で、二重まぶたを作るための接着剤と言われています。ドラッグストアなどの店頭にあり低価格で販売されていることから、二重まぶたを作るためにアイプチを利用するケースは多いです。
コットンでまぶたの皮脂を落としてから、二重まぶたにしたいラインを決めます。そのラインと睫毛の間にアイプチを塗ってアイプチが乾くのを待つという作業を2回から3回繰り返すことにより二重まぶたの形が出来てきます。後はアイプチを塗った部分に爪楊枝を当て、二重まぶたになるように調整しするとくっきりとした二重まぶたの完成です。
アイプチを塗るポイントは、何回かに分けて塗ることです。アイプチは接着剤のようなものなので、一回に多く塗るとアイプチが睫毛にくっついたり目に入ったりして危険です。睫毛や眼球を保護するため、アイプチで出来た二重まぶたの上にアイシャドーやファンデーションを塗ることもポイントです。
アイプチは手軽に二重まぶたを作ることが出来る便利なものですが、長時間塗ったままの状態でいたり塗りすぎたりするとまぶたの皮膚を痛めつけ、まぶたにダメージを与えてしまう恐れがあります。二重まぶたを短期間だけ楽しみたい方にはアイプチはお勧めで、長期間二重まぶたを維持したいという方にはお勧めできません。

 

 シャトレーゼのケーキ  モンスーンカフェ  ボトックスについて

埋没法では二重まぶたを作ってもまぶたの脂肪が多すぎると、二重まぶたのラインがすぐに消えてしまうことが多いのですが、マイクロカット法では埋没法により出来た二重まぶたを長く維持することが可能です。
二重まぶたの手術の中に、まぶたを数ミリ切開し脂肪を取り除いて二重まぶたを作る脱脂法があります。この脱脂法と埋没法の技術を組み合わせた手術のことをマイクロカット法と言います。
マイクロカット法は、特殊な器械を使用して1mm程度の針穴から脂肪を除去するため、まぶたを切開する必要がありません。まぶたの脂肪を除去してから埋没法により二重まぶたを作るので、糸がまぶたにフィットしやすく二重まぶたのラインが消えにくくなります。針穴程度の傷跡ですから、二重まぶたの傷が目立つことがなく、切開法に比べまぶたの腫れも早く治まります。
マイクロカット法は、脂肪を取り除いて二重まぶたを作る方法なので、まぶたの皮膚が多くて腫れぼったいまぶたをしている方にマイクロカット法の効果は期待できません。まぶたの皮膚が多い場合は、余分な皮膚も取り除く全開法の手術がお勧めです。
マイクロカット法は、針穴程度の穴からバランス良く脂肪を除去する医師の技術も必要です。マイクロカット法で脂肪を取りすぎてしまうと二重まぶたに凹凸ができ、再手術を必要とする可能性も出てきます。カウンセリングを丁寧に行い技術もしっかりしている整形外科を選択することが大切です。

 

 キャスキッドソンのバッグ  クレージュの財布  フランフラン人気の秘密

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する